2019年3月6日

治療プログラムの個別化


 炎症・低栄養・毒物が脳に影響を与えると知っても、いつも聖人君主のような生活をすることは困難です。そうすると、自分にとって最も重要な要因は何かを切り出す必要が出てきます。それがバイオロジカル検査です。


 例えば炎症が強く起きやすい体質があります。炎症前状態を引き起こす遺伝子型を持っているのか、炎症マーカーは高いのか、抗体価は高いのかなどを評価し、炎症の原因を突き止め改善することが得策です。


 毒物が脳に与える影響は手榴弾型とも言われ、系統だっているというよりあちこちが破壊されることが多いようです。毒物の調べ方は難しいですが重金属やカビ毒、化学物質などについて調べることが出来ます。対策は毒物を入れないこと、解毒能力を上げることです。


 低栄養については楽しんで出来る対策がたくさんあります。好きなことをするのもその一つです。趣味や運動、人との交流などは神経栄養因子の分泌を活発にすることもわかっています。たんぱく質や必須脂肪酸、葉酸、ビタミンDなど脳に重要と言われる栄養素をしっかりと摂ることも大切です。栄養は脳以外にもよい効果をもたらすでしょう。


このように個別化して努力をすることが重要です。まとめとしてブレデセン博士の言葉を送ります。 


l   プログラムはそれぞれの人の状況によって最適化されるため一人一人異なる

l   すべての要因に対処できなくても非常に重要ないくつかの要因に対処すると
   ほとんどの人はそれで十分であった

l   その人が最もやめたくない行動が最も重要な要因であることが多い
 
 

脳を縮小させる3つの要因


 詳細は本書に譲るとして、脳が自らを縮小させるという点がこの本の要点となっています。脳には体の隅々から情報が入ってきて余力の有無について判断をしています。余力がないと判断させる3つの大きな要因があります。炎症、低栄養、毒物です。

 

u  炎症   ・・・病原体、糖化タンパク質、トランス脂肪酸、リーキーガットの炎症など

u  低栄養 ・・・ビタミン、葉酸などの栄養欠乏のほかホルモンや神経栄養因子
                (運動などで増える)の欠乏

u  毒物    ・・・有害重金属、カビ毒、化学物質

 

脳がこれらの危機を感知すると脳を構成する神経細胞に「死のプログラム」を発動します。細胞間のシナプスも伸長をやめしなびてしまいます。縮小する場所には特徴があり、生命活動に最低限必要な部分は残され高次の機能を担当する部分は真っ先に縮小の対象となります。それが生物としての生存戦略だからです。生命活動にとっては不要な-でも私たちが人間らしく生きるために必要な高次の機能-記憶、創造力、洞察力、段取りや複雑な計算など-が切り捨ての対象になってしまいます。炎症・低栄養・毒物という観点で自分の体を見直し対処することが重要と言えるでしょう。
 
 

脳を守るにはどうしたらよいか


 今年は平成から新元号に変わる年ですね。皆様にとって飛躍の年となりますよう
お祈り申し上げます。


 今回はまず本のご紹介をいたします。Bredesen Dale博士の書いた「アルツハイマー病 真実と終焉―“認知症1150万人”時代の革命的治療プログラム」註1)です。2018年の3月に日本語訳が出版されました。
 

 脳をどのように守っていくかは私たちにとって重要な課題です。血管系の病気や癌などがだんだんに克服されるようになって健康寿命が延びてきました。脳の健康寿命も一緒に延びて欲しいです。この本は脳が縮小するシステムとその防ぎ方について述べています。この本に書かれているアルツハイマー病の病因と治療法は医学界の主流に認められているものではありませんので真偽の判断は皆様にお任せいたしますが、アルツハイマー病に限らず広く病気の成り立ちと対処法について洞察を深めることが出来る示唆に富んだ本だと思います。
 

 この本を読んでいただければ気づかれると思いますが、病気の原因を調べるための多くのバイオロジカル検査について説明があります。尿中有機酸検査、消化器総合検査、有害重金属検査、IgG型食物アレルギー検査、各種ホルモン代謝物検査、毒物検査、遺伝子検査など大きな病院でも行われていない重要な検査の数々とその意義を読み物として習得することが出来ます。
 

バイオロジカル検査は体の中で起きていること、体質的な弱点などを調べるのに大変有用な検査です。これまで栄養欠乏、機能性低血糖症、副腎疲労などのキーワードで取り組んできた検査や治療の意義を再発見していただければと思います。
 

認知症だけでなく『脳の疲労が強い』と感じていた皆様にも大きなヒントとなる書籍です。当院で検査出来るもの、出来ないものがございますがぜひお気軽にご相談いただきたいと思います。

 註1)アルツハイマー病 真実と終焉―“認知症1150万人”時代の革命的治療プログラム ブレデセン,デール(Bredesen Dale E)【著】白澤 卓二【監修】/山口 茜【訳】ソシム株式会社

 

 
 
 
 





2018年8月1日

善玉菌でも増えすぎは逆効果


”腸活”がブームです。でも”腸活”を単に善玉菌を増やすことと考えると落とし穴があります。腸の運動を整え、適切な場所に適切な数とバランスの腸内細菌を育てる、これが本当の”腸活”です。食物繊維や発酵食品、腸内細菌サプリメントなどを摂ってもお腹が張るだけで便秘や下痢が治らないという方は、小腸での細菌の増え過ぎを疑ってみましょう。

小腸はもともとあまり腸内細菌が存在しない場所。空腸(小腸の口側の部分)では103104/mL未満です。大腸の菌が10101012個ですからかなり少ないですね。何らかの理由で小腸に菌が増え過ぎることを小腸内細菌異常増殖症=Smallintestinalbacterialovergrowthsyndrome:略称SIBOと呼びます。菌の発酵によって水素ガスやメタンガスが発生しお腹が膨れ、げっぷや逆流症状が起きます。SIBOの影響は消化管だけに留まりません。頭痛や関節痛、湿疹、慢性的な疲労感、気分の落ち込みなど消化管と一見無関係な症状の原因にもなります。小腸は重要な免疫組織が存在する場所なので、小腸の粘膜に菌が侵入すると慢性的な炎症を引き起こし全身に飛び火するからです。

菌の侵入によって粘膜の透過性が高まり粘膜の隙間から毒素や大きな物質が入り込むことによって炎症やアレルギー反応、脳の攪乱を起こすこともあります。これはリーキーガット症候群と呼ばれる現象です。慢性的な炎症は副腎疲労症候群の原因にもなります。

SIBOの原因は複数の要因が複雑に絡み合っています。消化管の運動機能の低下、胃酸や胆汁の分泌減少、小腸末端にある逆流防止弁の問題、大腸の菌の過剰な増殖や細菌バランスの乱れなどが原因になります。急性胃腸炎や抗生物質の使用が引き金になる場合もあります。

れはリーキーガット症候群と呼ばれる現象です。慢性的な炎症は副腎疲労症候群の原因にもなります。

SIBOの原因は複数の要因が複雑に絡み合っています。消化管の運動機能の低下、胃酸や胆汁の分泌減少、小腸末端にある逆流防止弁の問題、大腸の菌の過剰な増殖や細菌バランスの乱れなどが原因になります。急性胃腸炎や抗生物質の使用が引き金になる場合もあります。




SIBOの対策

u  消化管の運動を活発にする

(睡眠、ストレス軽減、食事間隔の見直し)

u   胃酸や消化酵素をしっかり分泌させる

(ピロリ菌除菌、胃薬見直し、消化酵素補充)

u  グルテンフリー・カゼインフリー、

FODMAP食(詳しくは裏面)

u  抗生物質や天然抗菌物質によって増え過ぎた菌をコントロール

u  ビタミン、ミネラル、ω3系脂質などの摂取

u  歯周病の予防、口腔内を清潔に

u  消化管の免疫力向上

u  適切な腸内細菌サプリメントの補充





SIBOは奥が深く、治療法も一筋縄ではいきません。まずはSIBOの存在を知っていただき
体質に合った治療法を個別に見つけていくことが大切です。
 
 
 
 

ピロリ菌と胃酸



胃癌の予防のためにピロリ菌除菌が勧められていることは皆さんもすでにご存知の事と思いますが、ピロリ菌に感染していると胃酸が減ってしまいます。粘膜の萎縮性変化によって胃酸を分泌できる細胞が減ってしまうことやウレアーゼという酵素がアンモニアを産生し胃酸を中和してしまうことが原因です。ピロリ菌検査だけでなくペプシノーゲン検査も実施すると胃粘膜萎縮の程度をある程度推定できます。 

胃酸はこれまで述べてきたようにSIBO対策にも重要ですし、胃酸と胃の消化酵素の分泌はたんぱく質の消化吸収、B12や鉄の吸収にも重要です。栄養改善を目指す方はぜひ早期にピロリ菌を検査し、もし感染していた場合には除菌することをお勧めいたします。

(ピロリ菌の除菌にはプロトンポンプ阻害薬と抗生物質を使用します。抗生物質のアレルギーを持っている方は必ず担当医にお伝えください)